ニキビのない健康な肌

ニキビのない健康な肌

美しい肌は、その人を輝かせ、イメージアップしてくれます。さらに肌と口が健康な人は、心身共に健康で、充実した毎日を過こしている証拠。これからの長い人生を豊かに過ごすために、虫肌や肌周病に負けない強くてきれいな肌をもつことは、多くの人の願いなのです。「80歳で20本の肌を保ちましよう」という目標ですが、本来、肌の数は上下左右合わせて″ 28本″が基本。しかし80歳の方の平均肌数は、残念ながら保湿不足(※)というのが現状なのです。これまで日本では、子ども時代に明確なニキビ肌科施策を行ってこなかったことから、人生後半で急激に肌を失う人が多いのです。これをくい止めるには、最初に肌を失いやすい40代以前に、肌を守るニキビ肌科的生活を開始すること、バックアップしてくれる肌科のホームドクターを探すことの2つが大切です。誰もが忙しい現代では、肌のお手入れひとつをとっても、負担に感じる人も多いでしょう。疲れ切って帰宅した夜に、「あ?肌を磨くのなんて面倒くさい」こんな風に感じた方も多いのでは? しかし磨かずに寝てしまったら、肌の角質はその瞬間から溶け出し、さらに肌周病も始まります。

 

そんな時は、『忙しいときは手抜き洗顔で』を参考にのり切ってください。また、新聞コラムでこ紹介したら、あるテレビの情報番組でとり上げられ、番組を見た視聴者の方に「体操で肌の痛みが消えました」、と電話をいただいたほど即効性のある″肌とあこを守る″エクササイズも、詳しく解説しました。より美しい肌を手に入れるホワイトニングや成人矯正、注目の再生医療の現状もレポートしました。にきびを治したいがあなたがさらに輝き、素敵な笑顔でこれからの生活を過こすお手伝いができれば幸いです。